遅ればせながら、レゴムービーを見て、

 

とにかく感じたのは、

 

「制作した人たち、めちゃくちゃ楽しんじゃってる!」

 

ということ。

 

もう、作ってる間、楽しくてしょうがなかったんじゃないか、

という雰囲気が全編に渡って充満している。

 

もちろん、ハードで過酷で、ギリギリで頑張っていたところもあるのかもしれません、というかあーいうタイプの映画製作はもしかしたらずーっとハードなのかもしれません。

 

それでも、受けての印象は、とにかく楽しいし、この人たち楽しみ抜いたんだろうな、

 

という印象に尽きる。

 

この世はすべて誰かの「仕事」で成り立っていて、

生きていく中で、いろんな人の「仕事」に触れていくわけですが、

 

こういう「仕事」に触れると、本当にうれしくなりますね。

 

やっぱり、その仕事をやってる自分たち自身が一番たのしんでる

というスタンスは重要ですね。

 

消費者目線で、とか言ったりしますけど、

それはもちろん必要ですけど、先に立つものではないですね。

自分がまず楽しめないと、突き抜けられない。